資産運用

今回は為替相場というものの基礎的要因に関してのエピソードです。

外国為替証拠金取引(FX)というのはいくらかの証拠金を預けてその金額の最大25倍もの外国の為替を取り替えすることのことを指します。

通貨の相場を判断して売る方も買う方もどっちもできるようなわかりやすい仕組みです。

普通為替取引というのはたいてい国際の為替について指すという人が一般的です。

為替の市場というものは※直接的にキャッシュの送金をすることなく金銭授受の望みをクリアする取引※なのです。

FXのやり方は金を取引し二国の通貨の差額の利益をもらえるとの方法なのです。

こういった二つの国の通貨の中で生まれる差益金額をスワップ金利といっています。

こうしたFXのスワップ金利(スワップポイント)を取得することをねらいにFXの取引をしている方々もたくさんいます。

スワップ金利は取引業者ごとに違いがあるので可能な限り差益の金額が高い業者でトレードしたい所ですよね。

決められた各銀行の少ししかない利子よりも、FXというのは熱心な資産増加を現実にした経済の変動を認識せざるを得ない商品とも言えます。

外国の為替を簡潔にいうと両国の金銭のやり取りをする事です。

肝心な時にしっかりとした状況がわからなくなるリスクを負います。

だからあなたの考えが論理的な時に、間違いない準備をしておくことが不可欠です。

“この””j事前準備””のためには、”まずは己の台本を書くことから始めます。

今からの投資状況は上がる(または下がる)から円をエントリーするといった自分の脚本を書いていきます。

次に重要なのは時間足チャートを確認しましょう。

これまでの為替レートの推移を見定めて今さら売り(または買い)するがやりようがないと考えたならば、売買しないで、その場面ではきっぱりと吹っ切ることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です