資産運用

今日は為替に関しての基礎的要素に関してのお話をしたいと思います。

外国為替証拠金取引(FX)というのは決まった額の金額を預託して、その最大25倍までの為替を売買する取引のことを指します。

お金の為替相場を見極めて売る側も買う側もどちらも可能な単純な内容です。

概ね為替取引とはたいてい国際の為替を言っているというケースが普通です。

為替の市場とは何かというと※直に金銭の送金をすることなく資金授受の意図を為し遂げること※を言います。

FXというものは二つの異なる国の通貨を売買することにより両方の通貨の差引額を儲けられるという方策になります。

この二つの異なる国のお金の関係で出てくる差をスワップ金利と呼ぶのです。

こんな風な外国為替証拠金取引のスワップ金利(スワップポイント)を獲得することを目当てに、FX(外国為替証拠金取引)の為替取引を行っている方々も多いです。

スワップ金利は、取引業者それぞれで違うのでわずかでも差益金額が高い取引業者を利用したいですね。

各銀行の低い利子を増やすことよりも、FX(外国為替証拠金取引)は外交的な資産の増加を現実のものとした経済動向を意識できる金融商品であるとも言っても良いでしょう。

国際為替とは二つの国の貨幣の引き換えを指します。

重要な時に正しい見方が出来なくなる。

危険があります。

そのために己の精神が合理的な段階でしっかりと事前準備が大切なのだ。

“この””準備””とは、”始めに自分の脚本を記す事から行います。

この先の投資環境はこうなるだろうから、この外貨を勝負するというふうに自分のストーリー展開を考えていきます。

その次は相場を調べましょう。

今までの為替レートの推移を見極めて、もはやエントリーするのが間に合わないなと思っていたら売買しないで、きっぱりと諦めることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です