東進ハイスクール

今日は為替における根本的内容に関しての話題です。

外国為替証拠金取引(FX)というのはある程度の額の担保を託して、そこから最大25倍まで国際為替を売買可能なやり取りを言います。

金銭の相場を判断して売買が両方ともできるようになっている仕組みです。

為替市場というのはたいてい外国為替について言及するケースが一般的です。

為替の市場とは※自分が現金の送金しない場合でも資金授受の行為を達成する取引※を指します。

FXとは、二国の貨幣をやり取りすることで差額を得るといったような手法になります。

これら二つの国の通貨の間で生み出される儲けをスワップ金利といっています。

このようなスワップポイント(スワップ金利)を得ることを目的に、外国為替証拠金取引の取引をしている人もいるみたいです。

スワップポイントは、業者によっても違ってくるのでできるだけスワップ金利が高い取引業者でトレードしたいものです。

ある程度決まったそれぞれの銀行の高くない利息よりも、外国為替証拠金取引とは外交的な資産の管理を可能にする経済の動きを認識せざるを得ない金融商品であろうと言っても良いでしょう。

外国為替というものは両国のお金の交換を示します。

時には正しい見方が出来なくなる。

リスクがあります。

その分メンタルが合理的なうちに、きちっと準備が重要です。

“その””準備””のためには”はじめは自分のストーリー展開を記す事から始めます。

明日からの相場はこうなってああなるから豪ドルを買う(あるいは売る)というふうに、自らのシナリオを立てていくのだ。

次に重要なのは日足チャートをチェックする事です。

過去の為替レートの値動きをチェックして、今となっては売り(または買い)するが間に合わないなと感じたら、エントリーしないで、それは割り切ることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です