東進ハイスクール

ここでは為替における基礎的内容に関する話題です。

FX(外国為替証拠金取引)とは決まった額のお金を預託してその25倍もの外国為替を売り買い可能なことを指します。

貨幣の為替を見極めて、売る側と買う側が両方ともできるようないたって単純な仕組みなのです。

普段為替といえば主に外国の為替のことを言っているというケースがほとんどです。

為替相場というものは※直接的にお金の送金をなすことなくお金の受け渡しの望みを果たす取引※を示します。

FX(外国為替証拠金取引)では二つの国の貨幣をやり取りすることにより両方の通貨の差額を獲得するというような流れなのです。

こういった二つの金の関係で作り出される差額をスワップ金利と呼んでいます。

こんな風な外国為替証拠金取引のスワップ金利を得ることをねらって外国為替証拠金取引の為替の取引をしている人たちもいるようです。

スワップポイントは、FX業者により異なるのでできるだけ儲けが多い業者でトレードしたいものですよね。

固定のそれぞれの銀行の高くない利子に期待するよりも、FXはアグレッシブな資産の増加を可能にした経済動向を意識できる金融商品とも言っても良いでしょう。

国際為替というものは両国の通貨のやり取りのことを言います。

時には冷静な判断を下せなくなる恐れが生じる。

そのために自身の考えが理性的な段階で、間違いない準備が大事です。

“この””準備””とは、”自分のストーリー展開を考える事から始めます。

この通貨は上がる(または下がる)から、この通貨をエントリーするというような自らのストーリー展開を考えていきます。

次に大事なのは日足チャートを調べましょう。

過去の市場の上下動を見定めて今はもう売買するのが間に合わないなと思ったならば何もせず、そこのところはきっぱりと割り切ることが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です