投資

為替における基礎的要素のお話をします。

外国為替証拠金取引(FX)とはいくらかの金額を渡してその額から最大25倍もの外国為替を売買可能な取引のことを指します。

貨幣の相場を見分けて売買がどっちもできるような簡単な作りとなっています。

通常為替の市場というのは国際為替を言っているという場合が一般的です。

為替相場は※目の前で現金の送付をしなくても金銭の受け渡しの行為をクリアするもの※になります。

外国為替証拠金取引というものは、二つの異なる国の貨幣をトレードして両方の通貨の差額を儲けられるという流れになります。

このような二種類の貨幣の間で作り出される儲けをスワップ金利と呼んでいます。

こうしたスワップポイントで儲けることが目的でFX(外国為替証拠金取引)の為替取引をやっている人たちもたくさんいるようです。

スワップポイントは業者によって違うので可能な限り差益金額が高い取引業者でやり取りしたいものです。

あまり変動しないそれぞれの銀行のわずかな利子を運用することよりも、外国為替証拠金取引というのは外交的な資産管理を実現できる経済を意識せざるを得ない商品と言えるでしょう。

外国為替は二つの国の貨幣の引き換えをする事です。

時にはしっかりとした見方ができなくなるリスクを負います。

その分己の頭の中が客観的な段階で間違いない事前準備をしておくことが大切なのだ。

“””事前準備””するためには、”何はともあれ自分だけの筋書きを考える事から開始します。

将来の相場は下がる(または上がる)から、この通貨を買う(あるいは売る)といった自分だけの筋書きを書いていきます。

次に大事なのは日足チャートを調べましょう。

それまでの相場の値動きを見極めて今はもう買い(または売り)するのが間に合わないなと考えたならばここはきっぱりと吹っ切ることが肝心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です