投資

今回は為替相場における基本的理由に関しての説明です。

外国為替証拠金取引(FX)というのは決まった額の証拠金を入金して最大25倍までの外国為替を取り替え可能な取引のことを言います。

お金の為替相場を判断して、売りと買いが両方とも可能なわかりやすいやり方になります。

通常為替取引というのはおおかた国際為替を表すという場合が大半です。

為替市場は※直接的に現金の送らない場合でも金銭のやり取りの行為を実現する取引※です。

FX(外国為替証拠金取引)というものは二つの金をトレードすることによって両方の差し引いた利益をもらえるというようなやり方になります。

この二つの異なる国の貨幣の間で出てくる差額をスワップ金利といっています。

こういった外国為替証拠金取引のスワップポイント(スワップ金利)の取得を目的にトレードを行っているみなさんもいるらしいです。

スワップ金利は、そのFX業者それぞれで違う点があるためほんの少しでも利益が多い取引業者でやり取りしたいものです。

ある程度決まった銀行預金の低い利息よりも、FX(外国為替証拠金取引)というのは外交的な資産増加を実現させる経済を認識できる金融商品だと言えます。

外為といえばお互いの国のお金の取り替えをする事です。

肝心な時にちゃんとした判断が出来なくなるリスクを負います。

だから己の頭の中が論理的なうちに適切に事前準備が大切なのだ。

“この””j事前準備””のためには、”始めに己のストーリー展開を記す事からスタートする。

未来の投資環境はこうなってああなるから、米ドルを買う(あるいは売る)というように、自分で考えたシナリオを立てていくのだ。

次は為替チャートを確認しましょう。

今までの相場の動きを見て、今となっては売り(または買い)するが遅すぎるなと思っていたら売買しないで、それはすっぱりとあきらめることか肝心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です