投資 種類

今日は為替についてのベーシックな事柄とは何かについての話題です。

外国為替証拠金取引(FX)というのは自分で決めた額の担保を預けてその25倍もの為替をチェンジするものになります。

為替を判別して売りと買いが両方ともやれる簡単な方法です。

普段為替相場というとたいてい外国為替を言及する人が普通です。

為替とは何かというと※金銭の送金をすることなく金銭授受の行為を遂げるもの※を言います。

FXのやり方は二つの異なる国のお金を売買することでその二つの差益を得るというような方策です。

この二つの異なる国の通貨の関係で生み出される儲けをスワップ金利といいます。

こんな風にFX(外国為替証拠金取引)のスワップポイント(スワップ金利)を取得することを目当てに為替取引をする人たちもたくさんいます。

スワップ金利は、業者それぞれに違ってくるので可能な限りスワップ金利が高いFX業者でトレードしたい所ですよね。

あまり変動しないそれぞれの銀行の少ない利息を運用することを考えるよりも、外国為替証拠金取引(FX)とは熱心な資産の運用を実現できる経済動向を認識させる金融商品と言えます。

国際為替を簡潔にいうと二つの国のマネーの取り替えのことです。

重要な時にちゃんとした状況判断ができなくなる不安があります。

その分自らの頭の中が冷静な状況できちっと事前準備が大切です。

“この””準備””とは、”とにかく自分の筋書きを考える事からスタートします。

為替相場はこうなってああなるから、この通貨を買う(あるいは売る)というふうにあなたなりのストーリー展開を考えていきます。

その次は時間足チャートを確認しましょう。

それ以前の相場の上げ下げを調べて今はもう売り(または買い)するが手遅れだなと思っていたら売買しないで、その状況ではすっぱりとあきらめることか肝心。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です