投資 種類

今回は為替市場における基本的事柄とは何かについてのお話です。

FX(外国為替証拠金取引)とはいくらかの資産を預けて、その25倍もの外国為替を取り替えできるやり取りを指します。

貨幣の値を見定めて、売る側と買う側がどっちでもできるシンプルな仕組みとなっています。

普段為替はほとんど外為のことを示すというケースが多いです。

為替というのは※目の前で現金の送金をすることなく資金授受の趣旨を達成する取引※を指します。

FXというものは両国の貨幣を取引して差益を獲得できるとの手順なのです。

これら二つの通貨の中で発生する儲けをスワップ金利をいうのです。

こんなスワップ金利(スワップポイント)で儲けることが目的で取引をする方々も多数います。

スワップポイントは、取引業者ごとで違う点があるためわずかでも利益が多い業者を使いたい所ですよね。

固定化された各銀行の少なめの利子を増やすことを考えるよりも、FX(外国為替証拠金取引)とは自ら考える資産運用を現実のものとする経済情勢を認識せざるを得ないものと言っても良いでしょう。

国際為替を簡潔にいうと国同士の通貨の換金のことを言います。

時には真っ当な状況判断ができなくなるリスクがあります。

だから精神が理性的な段階で、きちっと準備をしておくことが不可欠です。

“その””準備””とは、”はじめはあなただけの台本を作成する事から始めます。

将来のあの通貨はこうなるだろうから、米ドルを売る(あるいは買う)というように自分の台本を書いていきます。

次に重要なのはローソク足チャートを確認しましょう。

過去の市場の上がり下がり確認してもうエントリーするのが遅いと思ったら、何もしないで、ここはすっぱりと割り切ることが肝心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です