投資 種類 リスク

今回は為替に関しての本質的内容に関するお話です。

FXとは一定額の担保を入金してその額から最大25倍まで国際の為替をチェンジすることのことです。

金の価値を判断して、売る側も買う側も両方できる明快な仕組みになります。

普段為替相場というのは国際の為替について言うという場合が多いのです。

為替を簡潔に言うと※自分でお金の送金をなすことなく金銭授受の意図を果たすこと※になります。

外国為替証拠金取引は、二つの金をトレードすることによってその差し引いた利益を受け取るとの手法なのです。

このように二つの国の貨幣の中で生み出される差益金額をスワップ金利といっています。

こんなFX(外国為替証拠金取引)のスワップポイント(スワップ金利)をもらうことがねらいで外国為替証拠金取引(FX)の為替の取引を行っている方々もいるようです。

スワップポイントはFX業者ごとで違う点があるので可能な限りスワップ金利が高い業者を使いたいと思います。

固定された銀行のわずかな利息に期待するよりも、外国為替証拠金取引というのは外交的な資産の増加を現実にした経済の変動を意識する金融商品であるとも言えるでしょう。

外為は金の取り替えのことを示します。

時として正しい判断が出来なくなる危険があります。

それだけに自分の頭の中が客観的な状況で、準備を進めておくことが大事です。

“この””準備””とは、”まずはストーリー展開を書くことから手をつけます。

今からのこの通貨はこうだから、ユーロをエントリーするというようなあなただけのストーリー展開を考えていきます。

次に大切なのはローソク足チャートを見ましょう。

以前の市場の上がり下がり見定めて買い(または売り)するのが遅いと考えたならばエントリーしないで、それはすっぱりと吹っ切ることが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です