投資顧問業協会

今回は為替の基本的要因に関しての説明をしたいと思います。

FX(外国為替証拠金取引)というのは決まった額の資金を渡して、その額の25倍もの国際為替を売買するやり取りです。

お金の値打ちを見分けて、売りも買いもどっちでも可能になっている簡単な仕組みなのです。

通常為替の市場はほとんど国際の為替を表すという場合がほとんどです。

為替相場は※直接的に金銭の送金をしなくてもお金の受け渡しの目的を成し遂げる取引※になります。

FX(外国為替証拠金取引)というものは、お金をトレードすることで両方の通貨の差し引いた利益を受け取れるといった手法なのです。

こういった二種類のお金の関係で出る利益をスワップ金利といっています。

このような外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイント(スワップ金利)を得ることを目的にFXの為替取引を行っている方々も多数います。

スワップ金利は、FX業者によっても違ってくるのでわずかでも差益の金額が高いFX業者を利用したいものですね。

固定化された銀行の少しの利子よりも、FX(外国為替証拠金取引)は積極的な資産管理を可能にする経済状況を意識させる商品だろうと言えるでしょう。

外為を簡潔にいうとお互いの国のお金のやり取りのことを指します。

重要な時に正しい見方がわからなくなる可能性があります。

その分考え方が理性的な場面で、間違いない事前準備が必要です。

“その””準備””のためには”自らの脚本を記す事から手をつけます。

未来の市場はこうなってああなるからユーロを買う(あるいは売る)といった、あなたなりの筋書きを書いていきます。

次に時間足チャートを調べましょう。

それ以前の市場の上げ下げをチェックして今はもうしかけるのが遅すぎるなと考えたならば仕かけないで、その場面では潔く吹っ切ることが不可欠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です