投資顧問業協会

今日は為替の市場の基礎的要素に携わるエピソードです。

外国為替証拠金取引というのは決まった額の証拠金を託してその25倍もの外国為替を取り替えすることができるものを指します。

金の価値を見極めて売る方と買う方がどっちもできる単純な作りなのです。

一般的に為替の市場といえば外国の為替を言い表す場合が大半です。

為替の市場とは※自分が現金の送金しない場合でも金銭授受の趣旨を果たす取引※を言います。

外国為替証拠金取引とは二種類の貨幣をやり取りし両方の通貨の差額の利益をもらうというような流れなのです。

このように両国の通貨の関係で生まれる差額をスワップ金利と呼んでいます。

こんなFXのスワップポイントで儲けることをねらいに取引をやっているみなさんも多数います。

スワップポイントは、FX業者ごとに違うところがあるためほんのわずかでもスワップポイントが高い業者でトレードしたいと思います。

あまり変わらない銀行の少しの利息に期待するよりも、FX(外国為替証拠金取引)とはポジティブな資産増加を現実のものとする経済の変動を認識できるものと言えるでしょう。

国際為替というのは両国の通貨の換金のことを示します。

往々にして適切な状況判断ができなくなる恐れが生じる。

それゆえに己の合理的な時に、適切に準備を進めておくことが必要です。

“””事前準備””するためには、”始めに自らの物語を書くことから開始します。

未来のこの通貨はああだから米ドルを勝負するというような、自分のストーリー展開を考えていきます。

次に大切なのは相場をチェックする事です。

マーケットの推移を見つめて、すでに買い(または売り)するのが手遅れだなと思ったならば、仕かけないで、その状況では吹っ切ることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です