投資顧問業協会

本日は為替相場というものの基本要因についてのお話をします。

FX(外国為替証拠金取引)とは決まった額の証拠金を託して、最大25倍もの為替を取り替えできるものを指します。

金銭の相場を判別して、売りと買いがどっちでもできるようになっている取引しやすい方法なのです。

為替相場は大体外為について言及するという場合が多いのです。

為替は※自分が持ち金の送らないでもお金の受け渡しの望みをクリアすること※を言います。

FX(外国為替証拠金取引)では、金を取引して差し引いた利益を儲けるとの手法になります。

これら二つの通貨の関係で生み出される差をスワップ金利といっています。

こういったFXのスワップポイント(スワップ金利)の獲得がねらいで外国為替証拠金取引の為替取引を行っている人々もいるみたいです。

スワップポイントは取引するFX業者ごとで違う点があるのでわずかでも儲けが多い業者を使いたいと思います。

決められた各銀行の高くない利息を増やすことを考えるよりも、FX(外国為替証拠金取引)とは積極的な資産の増加を現実のものとした景気を意識できるものだろうと言っても良いでしょう。

外国の為替というのは国同士の通貨の交換をする事です。

状況によっては冷静な考え方が出来なくなる。

危険があります。

その分あなたの頭が客観的な段階で正しく準備をしておくことが大切なのだ。

“””事前準備””とは、”何はともあれ自分の物語を記す事から開始します。

将来の投資状況はこうなってああなるからユーロを勝負するというふうにあなただけの物語を描いていきます。

次に大事なのは時間足チャートを確認しましょう。

それまでの相場の上げ下げを見て今さら買い(または売り)するのが遅すぎるなと感じたら、何もしないで、この場面では潔く諦めることが肝心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です