投資銀行

今日は為替の市場の本質的要因に携わるお話をします。

FXというのはお金を預託してその最大25倍もの為替を交換できることのことを言います。

通貨の為替を見分けて、売る側も買う側もどちらでもできるシンプルな仕組みになっています。

普段為替の市場というのはほとんど外国為替を表すという場合が普通です。

為替の市場とは何かというと※自分で金の送金しない場合でも金銭授受の目的をクリアする取引※になります。

外国為替証拠金取引(FX)というのは、二国の通貨を売買することによってそれら通貨の差益を儲けられるといったような流れとなります。

このような二国の貨幣の中で出てくる利益をスワップ金利といっています。

こんな風に外国為替証拠金取引のスワップ金利(スワップポイント)を得ることを目的に外国為替証拠金取引の為替トレードをする方もいるらしいです。

スワップポイントは業者ごとで違うので少しでも利益が多い取引業者を使いたいものですね。

決まっている銀行の低い利子よりも、外国為替証拠金取引(FX)とは積極的な資産運用を現実にした経済状況を意識せざるを得ない商品であるとも言えるでしょう。

外国の為替を簡潔に説明すると国と国のお金の換金のことです。

時にはちゃんとした見方が出来なくなる。

リスクがあります。

それゆえに自分自身のメンタルが落ち着いている場面でちゃんとした準備を進めておくことが大事です。

“””準備””のためには、”とにかく自分だけの台本を作る事からスタートします。

今からの投資環境は上がる(または下がる)からこの外貨をエントリーするというふうに、あなたなりの台本を書いていきます。

次は日足チャートを確認しましょう。

以前の為替レートの推移を調べて、もはや売買するのが間に合わないなと思ったならば、何もしないで、この状況では潔く割り切ることが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です