投資銀行 転職

本日は為替相場に関する本質的要因に関する説明をします。

外国為替証拠金取引(FX)とは決まった額の資金を渡してその金額から最大25倍までの国際の為替をチェンジするやり取りです。

貨幣の相場を見極めて売る方も買う方もどっちでも可能になっている簡単な制度です。

普段為替の市場というのは大体外国の為替を指す事が普通です。

為替市場というのは※直接的に現金の送らないでもお金のやり取りの行為を成し遂げるもの※を指します。

外国為替証拠金取引というのは、二国の通貨をやり取りして両方の差引額を獲得できるとのやり方となります。

こうした二つの通貨の関係で生まれる差益の金額をスワップ金利といいます。

こんな外国為替証拠金取引のスワップポイント(スワップ金利)の獲得をねらいにFXの為替の取引をやっている方もたくさんいるようです。

スワップポイントは、取引するFX業者によっても違いがあるため少しでも差益の金額が高い業者を使いたいと思います。

固定された銀行預金の高くない利息を貯めるよりも、外国為替証拠金取引(FX)は自ら考える資産管理を可能にした経済の動きを認識する商品であるとも言えます。

外国の為替は二国間のお金の取り替えを行う事です。

肝心な時に真っ当な見方がわからなくなるリスクがあります。

だからこそ自分の精神が論理的な場面で、適切に準備が必要です。

“””事前準備””するためには、”はじめは自分だけのシナリオを記す事から行います。

未来のあの通貨はこうなってああなるからランドを売る(あるいは買う)というように、自分だけの台本を書いていきます。

その次は相場をチェックする事です。

為替レートの上がり下がり調べて今はもう売買するのがなすすべがないと思ったならば、何もせず、その場面では潔く諦めることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です