投資銀行青春

本日は為替市場に関する根本的内容とは何かについてのエピソードです。

FX(外国為替証拠金取引)というのはいくらかの資金を渡して、その額から25倍もの外国為替をチェンジ可能な取引を指します。

為替を見定めて、売る方も買う方も両方ともやれるシンプルな制度となっています。

日常的に為替といえばおおかた外為について表すというケースが普通です。

為替取引を簡潔に言うと※人の手でキャッシュの送金をしなくても資金授受の目標を実現する取引※なのです。

FX(外国為替証拠金取引)では二国の貨幣を取引することによってその二つの差額の利益を受け取れるとの流れです。

このような二つの国のお金の中で出てくる差をスワップ金利といいます。

こういうスワップポイント(スワップ金利)を得ることをねらいに、外国為替証拠金取引(FX)の為替取引をしている人たちもいるらしいです。

スワップ金利は、取引業者によって違う点があるため少しでも差益金額が高い業者でトレードしたいものですよね。

固定の銀行預金のわずかな利息を増やすことよりも、FX(外国為替証拠金取引)は積極的な資産管理を可能にする経済情勢を意識できるものであると言えるでしょう。

外国為替というものは国と国のお金のやり取りのことを指します。

しっかりとした見方がわからなくなるリスクを負います。

そのために己の精神が冷静なうちにきちっと準備をしておくことが大切です。

“””事前準備””するためには、”始めに自分なりのシナリオを作成する事から手をつけます。

この先のこの通貨はこうなるだろうからこの通貨をエントリーするといった物語を描いていきます。

次に大切なのは相場を見ましょう。

過去のレートの上下を見つめて、今はもう取引するのが手遅れだなと思ったら何もしないで、この場面ではきっぱりと吹っ切ることが肝心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です