投資銀行青春白書

為替の基礎的要因に関してのお話をします。

FX(外国為替証拠金取引)とは自分で決めた額の証拠金を託してその額から最大25倍までの国際為替を交換可能なことを言います。

金銭の為替相場を見定めて、売りも買いもどっちもやれる簡単な仕組みになります。

よく為替の市場というものはあらかた外国の為替の事を指すというケースが多いです。

為替というものは※自分でキャッシュの送付をしなくてもお金の受け渡しの意図を為し遂げること※を指します。

外国為替証拠金取引というものは二つの通貨を売り買いすることで両者の差額を受け取るという方式なのです。

このような二つの異なる国の金の間で出る差額をスワップ金利をいうのです。

このFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利で儲けることが目的で、FX(外国為替証拠金取引)の為替取引をする方も多数います。

スワップポイントはFX業者により違うのでほんのわずかでもスワップポイントが高い取引業者でトレードしたいものですね。

固定された銀行預金の高くない利子に頼るよりも、外国為替証拠金取引(FX)というのはアグレッシブな資産運用を現実のものとした景気を認識する金融商品と言えるでしょう。

外国の為替を簡潔にいうと両国のお金の換金を行う事です。

時々真っ当な見方が出来なくなる。

恐れが生じる。

そのためにあなたの考え方が理性的な段階でちゃんとした準備が大事です。

“その””準備””のためには”何はともあれシナリオを考える事から手をつけます。

未来のこの通貨はああだから、この通貨を売る(あるいは買う)というように、自分で考えたシナリオを立てていくのだ。

次に大切なのは日足チャートを調べましょう。

以前の為替相場の推移を確認して、今となってはしかけるのが遅すぎるなと感じたら何もせず、きっぱりと諦めることが肝心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です