投資銀行青春白書

今日は為替の基本要素とは何かについての説明をしたいと思います。

FX(外国為替証拠金取引)とは決まった金額の証拠金を入金してその額の最大25倍までの外国為替を売り買いできるものを指します。

お金の相場を見定めて、売る方も買う方もどちらでも可能な内容となっています。

概ね為替市場というとあらかた国際為替のことを示すという場合が多いです。

為替相場を簡潔に言うと※直に金の送付をしなくても資金のやり取りの意図を為し遂げるもの※を指します。

外国為替証拠金取引(FX)のやり方は二つの通貨をトレードすることにより両方の通貨の差額の利益を受け取れるとの流れとなります。

二つの異なる国の通貨の関係で作り出される利益をスワップ金利をいうのです。

こういった外国為替証拠金取引のスワップ金利の取得が目当てで取引をするみなさんもいます。

スワップ金利は、業者それぞれに違いがあるためわずかでもスワップポイントが高いFX業者で取引したいものですね。

銀行の高くない利息を運用することよりも、外国為替証拠金取引(FX)というのは自ら考える資産の増加を現実のものとする経済を意識させるものであろうと言っても良いでしょう。

外為というものはお互いの国のお金のやり取りのことを指します。

時には正しい判断を下せなくなる可能性があります。

その分自分の頭が理性的な段階で適切に準備をしておくことが大事です。

“その””準備””のためには”はじめはあなただけのストーリー展開を書くことから行います。

将来の市場は下がる(または上がる)からランドをエントリーするみたいな、自分だけのストーリー展開を考えていきます。

次に重要なのは為替チャートを確認しましょう。

それまでのマーケットの上がり下がり見つめて、すでに売買するのが遅すぎるなと思っていたら手を出さないで、この場面では潔く割り切ることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です