投資銀行残酷物語

今日は為替に関しての基礎的内容のお話です。

FX(外国為替証拠金取引)というのは自分で決めたお金を託してその金額の最大25倍までの国際為替を取り替えすることができる取引を指します。

貨幣の為替相場をジャッジして売る方と買う方がどちらでも可能なシンプルなやり方になります。

普段為替とは主に国際為替の事を表すというケースが大半です。

為替取引を簡潔に言うと※直に持ち金の送付をしなくてもお金の受け渡しの趣旨を実現すること※です。

FX(外国為替証拠金取引)のやり方は、両国の貨幣を売り買いをして両方の差額を儲けるという手順です。

このように両国の金の間で生み出される差益の金額をスワップ金利といいます。

このようなスワップ金利をもらうことが目当てで外国為替証拠金取引(FX)の為替トレードをしている人たちもいるらしいです。

スワップ金利は取引業者それぞれで異なってくるのでわずかでも差益金額が高いFX業者で取引したいものです。

ある程度決まったそれぞれの銀行の高くない利息を運用することを考えるよりも、外国為替証拠金取引というのは自ら考える資産運用を実現できる経済状況を認識せざるを得ない商品であるとも言えます。

外国の為替といえば二国間のお金のやり取りを指します。

適切な判断を下せなくなるリスクがあります。

そのために自分自身の考え方が落ち着いているうちにちゃんとした準備が必要です。

“この””j事前準備””のためには、”何はともあれ自らの筋書きを作る事から手をつけます。

明日からの投資状況は下がる(または上がる)から米ドルを勝負するみたいにあなたなりの筋書きを書いていきます。

次はチャートをチェックする事です。

今までの市場の推移をチェックしてもうしかけるのが遅いと感じたならば、この状況では潔く割り切ることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です