投資銀行残酷物語

今日は為替相場というものの基本的理由についてのお話です。

FXというのは一定額の資産を託して、その額の最大25倍もの外国の為替を取り替えできる取引のことを指します。

金銭の価値を見分けて、売る側と買う側がどっちもやれる作りとなっています。

よく為替市場というものは主に国際の為替を示すという事が大半です。

為替市場を簡潔に言うと※自分がキャッシュの送金をすることなくお金のやり取りの趣旨を果たす取引※を言います。

FX(外国為替証拠金取引)というのは二種類の貨幣をトレードすることによって差し引きした利益を得るという手法です。

二国の金の中で出てくる差益の金額をスワップ金利と呼ぶのです。

こういうFX(外国為替証拠金取引)のスワップポイント(スワップ金利)の獲得が目当てで、FXの為替トレードをやっている人々もいるらしいです。

スワップポイントは、取引するFX業者それぞれで違う点があるので可能な限りスワップポイントが高い業者でやり取りしたい所ですよね。

固定された銀行の少しの利息に期待するよりも、外国為替証拠金取引とは熱心な資産運用を現実のものとする経済状況を認識できるものであるとも言っても良いでしょう。

外為は二国間のお金の引き換えのことです。

状況によっては真っ当な判断が出来なくなる危険があります。

そのために自らの考えが落ち着いている段階できちっと準備する事が大事です。

“この””j事前準備””のためには、”最初は自らの物語を記す事から行います。

今からの相場はああだから、円をエントリーするみたいに、自分で考えたストーリー展開を考えていきます。

次に大切なのはチャートを確認しましょう。

過去の市場の上がり下がりチェックして今はもう売買するのがやりようがないと思っていたら手を出さないで、そこは割り切ることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です