投資銀行残酷日記

ここでは為替取引に関する基本的理由の話題です。

外国為替証拠金取引というのはある程度の資金を預託して最大25倍もの外為をチェンジできるものを指します。

貨幣の為替を見極めて、売る側も買う側もどっちでもやれる単純な制度なのです。

一般的に為替相場は大体国際の為替について言っている人がほとんどです。

為替とは何かというと※直に現金の送金しない場合でも資金の受け渡しの趣旨を為し遂げるもの※です。

外国為替証拠金取引というのは、二つの国の金をトレードをしてその二つの差し引いた利益を儲けるといった仕組みとなります。

このような二国の貨幣の間で生まれる儲けをスワップ金利をいうのです。

こんなスワップポイント(スワップ金利)をもらうことを目的に外国為替証拠金取引の取引をしている方も多いです。

スワップ金利は、FX業者ごとで違うのでできるだけスワップポイントが高い業者を使いたいものですね。

固定された銀行預金の少ししかない利息よりも、FXとはアグレッシブな資産の運用を実現させる経済を認識するものだろうと言っても良いでしょう。

国際の為替といえば国同士の金銭のやり取りのことを示します。

肝心な時にちゃんとした状況がわからなくなるリスクを負います。

だからこそ自らのメンタルが論理的な状況で、しっかりと準備する事が必要です。

“この””準備””とは、”まずは台本を作る事からスタートする。

将来の投資環境は下がる(または上がる)から、ユーロを買う(あるいは売る)というふうに自らの筋書きを書いていきます。

次に大切なのは日足チャートを調べましょう。

今までのレートの上がり下がりチェックして、もはや売買するのが遅すぎるなと思っていたら、何もしないで、その場面では潔く諦めることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です