投資銀行残酷日記

為替取引というものの根本的要因に関する説明です。

FX(外国為替証拠金取引)とはある程度の金額を渡してその最大25倍もの外国為替を売買することができることのことです。

貨幣の相場をジャッジして売る方と買う方が両方できるようになっているやり方なのです。

一般的に為替取引といえば外国の為替のことを指すという人が多いのです。

為替取引は※自分が持ち金の送金をすることなく資金授受の行為を為し遂げること※なのです。

FXとは金をやり取りし差し引きした利益を獲得するといったやり方です。

こうした二種類の金の間で出てくる儲けをスワップ金利をいうのです。

このようなFX(外国為替証拠金取引)のスワップポイントで儲けることをねらいに外国為替証拠金取引(FX)のトレードをする人たちもいるようです。

スワップポイントは業者それぞれに異なるので少しでも儲けが多いFX業者を使いたいと思います。

ある程度決まった各銀行の少しの利息に期待するよりも、外国為替証拠金取引(FX)はアグレッシブな資産の管理を可能にする経済の動きを認識せざるを得ない金融商品と言えるでしょう。

外国の為替を簡潔に説明すると国と国の通貨の取り替えを行う事です。

往々にしてちゃんとした見方がわからなくなる不安があります。

その分考え方が落ち着いている状況で、準備が重要です。

“その””準備””とは、”最初は自分なりの筋書きを記す事から開始します。

将来の投資状況は上がる(または下がる)からユーロをエントリーするみたいな自分だけのストーリー展開を考えていきます。

次に重要なのは日足チャートを確認しましょう。

過去の為替相場の推移を調べて、今さらエントリーするのが遅すぎるなと感じたら売買しないで、ここはすっぱりと割り切ることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です