投資銀行残酷日記

本日は為替の市場に関する基本原因に関する説明です。

外国為替証拠金取引というのは自分で決めた額の資産を預け入れてその額から最大25倍までの国際の為替を交換可能なものを指します。

お金の値を判断して売る側も買う側も両方ともできるようになっているいたって明快な方法です。

概ね為替の市場というのは主に国際為替について言っている場合が多いです。

為替相場を簡潔に言うと※直に金銭の送付をしなくても資金授受の趣旨を為す取引※を示します。

FX(外国為替証拠金取引)は、二つの異なる国のお金を売買してその二つの差し引いた利益を儲けるといったような方法となります。

このように二種類のお金の中で出てくる儲けをスワップ金利と呼びます。

このFXのスワップ金利(スワップポイント)の取得が目当てで、FX(外国為替証拠金取引)の為替取引を行っているみなさんもたくさんいるようです。

スワップポイントは、そのFX業者それぞれで異なるので少しでも利益が多い業者で取引したいですよね。

固定化された各銀行の少ない利子を増やすことよりも、外国為替証拠金取引(FX)とは自ら考える資産管理を現実にした経済状況を認識せざるを得ない商品であるとも言えるでしょう。

国際為替というのは金銭の換金を行う事です。

重要な時に適切な見方ができなくなるリスクがあります。

だから自分の頭の中が落ち着いている間に、正しく準備する事が必要です。

“この””準備””とは、”とにかく己の筋書きを記す事からスタートする。

将来の投資環境はこうなってああなるから豪ドルを売る(あるいは買う)といった自分で考えたシナリオを立てていくのだ。

次に重要なのは為替チャートを調べましょう。

以前の市場の上下を見極めて今はもうしかけるのが遅いと感じたら仕かけないで、そこのところは潔くあきらめることか必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です