投資銀行業界大研究

ここは為替取引に関しての基本事柄についてのお話です。

外国為替証拠金取引というのは決まった額の金額を預託してその金額の最大25倍まで外国為替を取り替えすることができることを言います。

通貨の相場を見分けて売る方も買う方もどっちも可能になっているシンプルな内容になっています。

普段為替といえば主に外国の為替のことを言っているという事が一般的です。

為替の市場とは何かというと※自分で持ち金の送らない場合でも金銭授受の望みを為し遂げること※なのです。

FX(外国為替証拠金取引)というのは二つの国の通貨をトレードすることでその二つの差額の利益をもらうとの手法なのです。

このような両国の通貨の中で出てくる儲けをスワップ金利と呼ぶのです。

このスワップ金利を得ることをねらいに、FX(外国為替証拠金取引)の為替の取引をしている人たちもいるらしいです。

スワップ金利は、取引するFX業者により違うのでちょっとでも利益が多いFX業者でトレードしたいものですね。

固定の銀行預金の少しの利子に期待するよりも、外国為替証拠金取引(FX)は熱心な資産増加を実現できる経済情勢を意識せざるを得ない商品であると言えるでしょう。

外国為替というものは国同士のお金の引き換えを示します。

重要な時にちゃんとした判断が出来なくなる恐れが生じる。

それだけに自らの考えが論理的なうちに間違いない準備をしておくことが大事です。

“””事前準備””するためには、”まずは自分のシナリオを描くことからスタートします。

今からの市場はこうだからNZドルを売買するといったストーリー展開を考えていきます。

その次は日足チャートをチェックしよう。

それまでのマーケットの推移を見つめて今はもう売り(または買い)するがやりようがないと感じたら、エントリーしないで、その状況ではすっぱりと吹っ切ることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です