投資銀行業務

今回は為替取引におけるベーシックな要素に関するお話をします。

FX(外国為替証拠金取引)とは一定額の金額を入金してその額から最大25倍まで国際の為替を交換することができることを指します。

値を見分けて、売買が両方可能になっている簡単な作りです。

日常的に為替取引というとおおかた国際の為替を言及するという人がほとんどです。

為替取引を簡潔に言うと※直接的に現金の送らない場合でも資金授受の望みをクリアすること※になります。

FX(外国為替証拠金取引)では、二国の貨幣を売買し二国の通貨の差し引きした利益を儲けるとの方策となります。

このような二つの異なる国の金の関係で出てくる儲けをスワップ金利と呼ぶのです。

こういう外国為替証拠金取引のスワップ金利を取得することが目的で、外国為替証拠金取引(FX)の為替の取引をしている人もいるようです。

スワップ金利はFX業者によっても違うところがあるため可能な限りスワップポイントが高い取引業者で取引したい所です。

決められたそれぞれの銀行の少しばかりの利子を増やすことよりも、外国為替証拠金取引はアグレッシブな資産増加を現実のものとした経済の変動を意識するものであるとも言えます。

外為は両国の貨幣の取引のことを言います。

時には真っ当な状況判断ができなくなるリスクを負います。

その分自らの合理的なうちに、事前準備をしておくことが不可欠です。

“その””準備””とは、”とにかくあなたのシナリオを作る事から手をつけます。

この先の投資環境はこうなるだろうから米ドルをエントリーするというような、自分なりのシナリオを立てていくのだ。

次に重要なのは時間足チャートをチェックしよう。

それまでの相場の動きを見定めて、取引するのがやりようがないと感じたならば何もしないで、この状況では割り切ることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です