投資銀行は本当に死んだのか

ここは為替の市場に関しての基本的理由の説明をしたいと思います。

FX(外国為替証拠金取引)というのは自分で決めたお金を預けてそこから最大25倍まで国際の為替を売り買い可能なものを指します。

お金の為替を判断して、売る側も買う側もどちらでもできるようになっているシンプルな作りなのです。

一般的に為替取引は主に国際為替を言うという人が大半です。

為替というものは※自分で持ち金の送付をしない場合でも金銭の受け渡しの趣旨を為し遂げること※を指します。

FX(外国為替証拠金取引)のやり方は二つの国の金を交換することでそれらの差額の利益を儲けるといったような手法になります。

このように二つの異なる国の貨幣の関係で発生する差額をスワップ金利といいます。

こんな風に外国為替証拠金取引のスワップポイント(スワップ金利)で儲けることをねらいに、FX(外国為替証拠金取引)の為替取引を行っている人々もいます。

スワップポイントは取引するFX業者ごとで異なるので可能な限りスワップポイントが高い業者を使いたいものです。

決まっている銀行預金のわずかな利息に期待するよりも、外国為替証拠金取引(FX)は外交的な資産運用を現実にする経済の変動を意識せざるを得ない商品であると言えるでしょう。

外国の為替は二国間のお金の交換のことです。

状況によっては冷静な判断を下せなくなるリスクを負います。

そのために自分の考えが理性的な時に、正しく準備する事が必要です。

“””準備””のためには、”とにかく己の脚本を描くことから行います。

明日からのマーケットは下がる(または上がる)からこの外貨を取引するといった自分の物語を描いていきます。

次に大切なのは時間足チャートを確認しましょう。

過去の為替相場の推移をチェックして今となってはしかけるのがなすすべがないと感じたら、それはきっぱりと諦めることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です