投資銀行のエクセル仕事術

本日は為替取引の基礎的原因の説明です。

外国為替証拠金取引とはいくらかの証拠金を入金して、その額から最大25倍までの為替を交換できるもののことを言います。

貨幣の為替をジャッジして、売る側と買う側が両方ともやれる取引しやすい作りなのです。

概ね為替の市場というものはおおかた外国の為替の事を言及する場合がほとんどです。

為替市場は※目の前で金銭の送金をすることなく資金のやり取りの目的をクリアする取引※になります。

外国為替証拠金取引(FX)のやり方は二国のお金を売買してその二つの差額を儲けられるというようなやり方になります。

このような両国の貨幣の間で出てくる儲けをスワップ金利をいうのです。

このような外国為替証拠金取引のスワップポイント(スワップ金利)の取得が目当てで、FXのトレードをやっている人もいます。

スワップポイントはFX業者によって違うところがあるのでほんのわずかでも高い業者でトレードしたい所です。

あまり変わらない銀行預金の少なめの利子を増やすことよりも、外国為替証拠金取引は外交的な資産の管理を実現できる経済の動きを認識できる商品であるとも言えるでしょう。

国際の為替とは国同士の金の引き換えを示します。

状況によっては真っ当な見方ができなくなる可能性があります。

だから自分の頭が客観的な場面で、準備を進めておくことが不可欠です。

“この””準備””とは、”始めに自分の物語を描くことから開始します。

今からのあの通貨は下がる(または上がる)から、この通貨を取引するみたいに自分なりのストーリー展開を考えていきます。

次に重要なのはローソク足チャートをチェックしよう。

これまでの為替相場の上下を見て今はもう取引するのがなすすべがないと思ったならば、その場面ではきっぱりと諦めることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です