投資銀行が邦銀に屈した日

今回は為替市場というもののベーシックな要素に携わるお話です。

FX(外国為替証拠金取引)というのは一定額の担保を預け入れて、その25倍もの国際為替を取り替えすることができることのことを指します。

貨幣の為替をジャッジして、売買が両方可能な取引しやすいやり方です。

日常的に為替相場というのはほとんど国際の為替を表す人がほとんどです。

為替相場とは何かというと※目の前で金銭の送付をしない場合でも資金授受の望みを実現する取引※を指します。

FX(外国為替証拠金取引)のやり方は、両国の通貨を取引することによりそれら通貨の差し引きした利益を受け取れるという手順となります。

この二種類のお金の関係で作り出される利益をスワップ金利といっています。

このような外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利(スワップポイント)を得ることが目的で取引をしている方々もたくさんいます。

スワップ金利はFX業者ごとに違ってくるので可能な限り差益の金額が高いFX業者でやり取りしたいものですね。

それぞれの銀行の少しの利子よりも、FX(外国為替証拠金取引)は自ら考える資産の管理を可能にした経済の動きを認識する商品とも言っても良いでしょう。

外為を簡潔にいうと二国間の貨幣の交換のことを示します。

時としてしっかりとした見方がわからなくなるリスクがあります。

だからこそ自らの精神が合理的な状況で、間違いない準備を進めておくことが必要です。

“””準備””のためには、”とにかく己のストーリー展開を作成する事から手をつけます。

今からの相場はこうなってああなるから、この外貨を売買するというような自分のシナリオを立てていくのだ。

次に重要なのはローソク足チャートを調べましょう。

今までのマーケットの上下を調べて今はもう買い(または売り)するのが手遅れだなと考えたら、仕かけないで、その状況ではあきらめることか不可欠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です