投資賢者の心理学

ここは為替取引における基本的要因とは何かについての説明をしたいと思います。

外国為替証拠金取引(FX)というのは担保を預けて、その額から最大25倍までの外為を交換することができることを指します。

貨幣の為替をジャッジして、売買がどっちもできる明快な仕組みなのです。

普通為替市場とはほとんど外国の為替を表すというケースが多いのです。

為替というものは※自分で金の送らないでも資金のやり取りの趣旨をクリアするもの※です。

FXとは、二つの国のお金を売り買いをして差額の利益を儲けられるという仕組みとなります。

両国の金の関係で出る差額をスワップ金利と呼んでいます。

このような外国為替証拠金取引のスワップポイント(スワップ金利)の取得を目的に、FXの為替の取引をやっている方々もたくさんいます。

スワップ金利はそのFX業者ごとで違う点があるのでほんのわずかでも差益の金額が高いFX業者でやり取りしたい所ですよね。

あまり変わらない各銀行の少しの利子よりも、外国為替証拠金取引(FX)というのはポジティブな資産の運用を現実にする経済情勢を意識できるものだろうと言っても良いでしょう。

国際為替を簡潔にいうと国同士の金のやり取りを示します。

状況によってはしっかりとした判断が出来なくなるリスクがあります。

それゆえに自身の論理的な状況で正しく事前準備が必要です。

“””事前準備””とは、”何はともあれ自分なりの脚本を描くことから始めます。

これからのあの通貨はこうだからユーロをエントリーするといった、自分なりの筋書きを書いていきます。

その次はチャートをチェックしよう。

市場の値動きを見定めて今はもうしかけるのが遅いと思ったら手を出さないで、そこのところは潔く割り切ることが不可欠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です