投資賢者の心理学

本日は為替というものの根本的要因に携わるエピソードです。

FX(外国為替証拠金取引)というのは一定額の資金を預けてそこから最大25倍もの為替を交換するもののことを言います。

金の価値を判断して、売る方も買う方も両方可能ないたって明快な仕組みになっています。

普通為替相場というのは外国の為替について言うという場合が大半です。

為替市場とは※直接お金の送金しない場合でも資金のやり取りの目標を実現する取引※を指します。

FX(外国為替証拠金取引)というものは、通貨を交換することによって両者の差引額を儲けるといったような方法になります。

このような二種類の金の関係で生み出される差をスワップ金利と呼んでいます。

こういったスワップポイントの獲得を目的に、FX(外国為替証拠金取引)の為替取引をやっている人たちもいるようです。

スワップポイントは、そのFX業者それぞれに異なってくるのでできるだけスワップポイントが高いFX業者でトレードしたいものですね。

固定の銀行預金の少ない利息を運用することよりも、FX(外国為替証拠金取引)というのはポジティブな資産増加を現実にする経済の変動を認識できる商品であると言っても良いでしょう。

外国の為替というのは国と国の金の取り替えを行う事です。

時としてしっかりとした状況判断ができなくなるリスクがあります。

それだけに自身の考えが論理的なうちにちゃんとした準備をしておくことが大切なのだ。

“この””準備””とは、”最初は自分だけの物語を書くことから始めます。

これからのマーケットは上がる(または下がる)から、NZドルを取引するといった、自分で考えた筋書きを書いていきます。

次は日足チャートをチェックしましょう。

それまでのレートの上下を確認してしかけるのが間に合わないなと感じたら仕かけないで、そこのところはすっぱりとあきらめることか肝心。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です