投資賢者の心理学

ここは為替相場に関する基本要素の説明をします。

外国為替証拠金取引(FX)とはいくらかの担保を預託してその額から最大25倍もの国際の為替を交換することができることを指します。

金の値打ちを判断して、売る側も買う側も両方可能な制度になります。

通常為替相場はあらかた外国の為替を示すという人が一般的です。

為替取引というのは※自分がお金の送金をしなくてもお金の受け渡しの行為を遂げること※なのです。

FX(外国為替証拠金取引)では、二つの異なる国の金を交換することでそれら通貨の差額の利益を獲得するといったような方法なのです。

このように二種類の金の関係で生み出される差益の金額をスワップ金利といっています。

こういうFXのスワップポイント(スワップ金利)で儲けることをねらってFXの取引をする人々もたくさんいます。

スワップポイントは業者それぞれで異なってくるのでほんの少しでも差益金額が高い取引業者を利用したいものです。

あまり変動しない銀行預金の少しばかりの利息よりも、FXはポジティブな資産の管理を実現させる経済の変動を認識せざるを得ないものであると言っても良いでしょう。

外国為替を簡潔にいうと二つの国の貨幣の交換をする事です。

往々にして真っ当な状況判断ができなくなる危険があります。

それゆえに自分のメンタルが理性的な状況で、しっかりと準備を進めておくことが大切なのだ。

“””準備””のためには、”始めに自分だけの脚本を記す事から始めます。

この先のこの通貨は下がる(または上がる)から、ユーロを売る(あるいは買う)というように自らの筋書きを書いていきます。

次はローソク足チャートをチェックしよう。

今までのマーケットの上げ下げを確認して買い(または売り)するのが間に合わないなと感じたら売買しないで、そこのところは潔く割り切ることが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です