投資苑

今回は為替市場における基礎的要因の説明をしたいと思います。

外国為替証拠金取引とはいくらかの資金を預け入れてその金額から最大25倍までの外国為替を売買できるもののことを指します。

通貨の相場を見定めて売る側と買う側が両方可能ないたって明快な制度です。

普通為替取引とはほとんど国際の為替について言及するという人がほとんどです。

為替とは※直に金銭の送金をしなくてもお金のやり取りの趣旨を遂げるもの※を言います。

FX(外国為替証拠金取引)というのは両国の通貨を売買をしてその差し引きした利益を受け取るというような手法になります。

このような二国の金の関係で発生する差額をスワップ金利といいます。

このようなFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利(スワップポイント)で儲けることをねらって為替取引をしている方もたくさんいるようです。

スワップポイントは業者により違ってくるので少しでも差益金額が高い取引業者を利用したいと思います。

決まっている銀行の低い利子を運用することを考えるよりも、FXとは積極的な資産管理を可能にした経済を認識せざるを得ないものであろうと言っても良いでしょう。

国際の為替はお互いの国の金銭のやり取りを行う事です。

往々にして正しい状況がわからなくなるリスクを負います。

だからこそ自分のメンタルが客観的な間に、ちゃんとした準備を進めておくことが必要です。

“その””準備””のためには”何はともあれ自分の台本を描くことから行います。

相場は下がる(または上がる)から、ランドを売買するというように、自らのストーリー展開を考えていきます。

次にチャートをチェックしよう。

今までの為替相場の上下を見てすでに売り(または買い)するがやりようがないと思っていたら何もしないで、この状況では割り切ることが肝心。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です