投資苑

この度は為替取引についてのベーシックな理由に関してのお話をします。

FX(外国為替証拠金取引)というのはある程度の額の資産を預けて、その金額の最大25倍もの外国の為替を売買することができる取引です。

お金の為替を見定めて売る方も買う方も両方ともできるようなルールです。

概ね為替相場といえばほとんど外国の為替のことを言っているケースが大半です。

為替取引というのは※自分がお金の送金しない場合でも資金授受の趣旨を成し遂げること※になります。

外国為替証拠金取引は二国の金をやり取りしその差額を獲得するという仕組みになります。

こういった両国の金の中で生まれる差をスワップ金利と呼びます。

こういうスワップ金利(スワップポイント)の獲得をねらって外国為替証拠金取引のトレードをやっている方もいるらしいです。

スワップポイントは取引するFX業者それぞれで違うところがあるのでほんの少しでもスワップポイントが高い取引業者でトレードしたいですよね。

決まっている銀行預金の少しばかりの利子を貯めるよりも、外国為替証拠金取引(FX)というのは自ら考える資産運用を可能にした経済情勢を認識できるものであろうと言えます。

国際為替といえば国と国の金銭の換金を指します。

時にはしっかりとした判断が出来なくなる可能性があります。

そのために自らのメンタルが論理的な段階で間違いない事前準備が大切です。

“””準備””のためには、”はじめは己の台本を記す事から開始します。

今からの投資環境は下がる(または上がる)から、この外貨を買う(あるいは売る)みたいな、自分で考えたシナリオを立てていくのだ。

次に重要なのはローソク足チャートを確認しましょう。

それまでのマーケットの上下を見定めて、すでにエントリーするのがなすすべがないと思ったら、売買しないで、それは潔く諦めることが肝心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です