投資苑

今回は為替相場というものの基礎的理由についての説明をします。

FXというのは決まった金額の担保を託してその金額から最大25倍まで外国為替を売り買いできる取引のことを言います。

為替相場を判別して売りと買いがどっちもできるような制度になっています。

よく為替といえばおおかた外国の為替を言い表すという人が一般的です。

為替相場とは※直にキャッシュの送金をすることなくお金のやり取りの意図を遂げる取引※を言います。

外国為替証拠金取引(FX)とは二国のお金を交換することによりそれらの差益を受け取るといったやり方なのです。

二国の通貨の中で出てくる差益金額をスワップ金利と呼ぶのです。

こういった外国為替証拠金取引のスワップポイントを獲得することをねらって、外国為替証拠金取引(FX)の為替取引を行っている方もいます。

スワップ金利はそのFX業者ごとで異なってくるので可能な限りスワップポイントが高いFX業者でやり取りしたいと思います。

決められた銀行の少なめの利息を運用することを考えるよりも、外国為替証拠金取引(FX)というのは熱心な資産の増加を現実にする経済を意識する商品であろうと言えるでしょう。

外国の為替というのは二国間の金の交換を示します。

時としてちゃんとした判断が分からなくなる可能性があります。

それゆえに自身の考えが客観的な時に、正しく事前準備をしておくことが重要です。

“””準備””のためには、”まずはあなただけのストーリー展開を書くことから開始します。

今からの相場は下がる(または上がる)から、この外貨を勝負するというふうにあなたなりのストーリー展開を考えていきます。

次は為替チャートをチェックしましょう。

今までの為替相場の上下を見極めて、もう売り(または買い)するが間に合わないなと感じたら売買しないで、この状況ではきっぱりと割り切ることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です