投資物件

今日は為替の基本事柄に携わる説明をします。

外国為替証拠金取引というのはある程度の資金を預け入れて、その金額の最大25倍までの外国為替を売買可能なものを言います。

金銭の相場を見極めて、売る側も買う側もどちらでも可能になっている仕組みです。

日常的に為替相場といえば外国の為替を言い表すというケースがほとんどです。

為替の市場を簡潔に説明すると※自分でお金の送らないでも資金の受け渡しの目標をクリアする取引※です。

FX(外国為替証拠金取引)は、二つのお金を取引することにより両者の差し引きした利益を獲得するとの方式なのです。

この両国の通貨の関係で作り出される儲けをスワップ金利といいます。

こんな風にFXのスワップポイント(スワップ金利)をもらうことを目当てに外国為替証拠金取引(FX)の為替トレードを行っている方もいるらしいです。

スワップポイントは取引業者によっても違うところがあるのでできるだけ儲けが多いFX業者で取引したいものです。

あまり変動しないそれぞれの銀行の少しの利子を貯めるよりも、FX(外国為替証拠金取引)は自ら考える資産管理を現実のものとした経済情勢を認識できるものであろうと言えます。

外国の為替を簡潔にいうと両国の金の交換のことを指します。

肝心な時に冷静な見方が出来なくなる。

リスクを負います。

だからメンタルが理性的な場面で準備を進めておくことが不可欠です。

“その””準備””のためには”何はともあれ己のストーリー展開を作る事から手をつけます。

今後の市場はこうだから、円を買う(あるいは売る)というように自分なりの筋書きを書いていきます。

その次は時間足チャートを見ましょう。

それまでのマーケットの上がり下がりチェックして、売り(または買い)するがなすすべがないと感じたならば、売買しないで、そこは潔く吹っ切ることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です