投資家

本日は為替に関しての根本的内容のお話です。

FX(外国為替証拠金取引)というのは決まった額のお金を入金して、その金額から最大25倍までの外国為替を交換できるもののことを指します。

金銭の為替相場を判別して売りも買いもどちらもやれる内容なのです。

概ね為替相場というのはおおかた外国為替を言うという人が一般的です。

為替を簡潔に説明すると※自分で現金の送付をしない場合でも資金の受け渡しの意図を遂げるやり取り※を示します。

外国為替証拠金取引というものは二つの異なる国のお金を取引することによって差額をもらえるとの方策です。

こうした二つのお金の中で生まれる差益金額をスワップ金利といいます。

このようにFXのスワップ金利(スワップポイント)を取得することをねらいに、FX(外国為替証拠金取引)の為替取引をやっている人もいます。

スワップ金利は業者によって異なってくるためちょっとでも差益の金額が高いFX業者でトレードしたいものですよね。

あまり変わらないそれぞれの銀行の少ししかない利子に期待するよりも、FX(外国為替証拠金取引)というのは自ら考える資産増加を可能にする経済を認識できる商品であると言っても良いでしょう。

外国為替とは二つの国の金銭の取引をする事です。

往々にして正しい見方ができなくなる恐れが生じる。

それゆえに頭が論理的なうちにきちっと準備を進めておくことが大切なのだ。

“この””j事前準備””のためには、”始めにあなただけのシナリオを描くことから行います。

明日からのこの通貨はこうだからこの通貨を売る(あるいは買う)というように自分で考えた脚本を書いていきます。

次はチャートをチェックしよう。

過去のレートの動きを確認してもはや売り(または買い)するが手遅れだなと思ったら、何もしないで、そこのところは潔く割り切ることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です