投資家 生活

本日は為替取引のベーシックな要因に関しての話題です。

外国為替証拠金取引(FX)というのは一定額の担保を託してそこから最大25倍までの外国の為替を売買するやり取りを指します。

金銭の価値を判断して、売る側も買う側もどっちでもやれる簡単なやり方になります。

日常的に為替の市場はほとんど外為を指す場合が多いのです。

為替相場を簡潔に説明すると※自分で金銭の送金しない場合でも資金の受け渡しの意図を実現すること※なのです。

FX(外国為替証拠金取引)とは通貨をやり取りをして両者の差し引いた利益を得られるといった方策になります。

このように両国の通貨の間で生まれる儲けをスワップ金利をいうのです。

このスワップ金利(スワップポイント)を取得することをねらって外国為替証拠金取引のトレードを行っている人たちもいます。

スワップポイントは、そのFX業者ごとにも違うところがあるため少しでもスワップ金利が高い取引業者を利用したいですよね。

あまり変わらないそれぞれの銀行のわずかな利子を増やすことを考えるよりも、外国為替証拠金取引というのは積極的な資産管理を現実にした経済状況を意識せざるを得ない商品であると言っても良いでしょう。

外国の為替は両国の通貨の交換のことを指します。

時には真っ当な判断が分からなくなる危険があります。

だから己の考えが客観的な間に、きちっと準備する事が大切です。

“その””準備””のためには”まずは自分の脚本を描くことからスタートする。

明日からの為替相場は下がる(または上がる)から、NZドルを買う(あるいは売る)というように自分なりの脚本を書いていきます。

次は為替チャートを調べましょう。

レートの上下動を見つめて買い(または売り)するのが遅すぎるなと思ったら、手を出さないで、そこのところは潔く諦めることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です