投資家 ドキュメンタリー

本日は為替の市場というもののベーシックな事柄のエピソードです。

外国為替証拠金取引(FX)とは自分で決めた資産を託してその額から25倍もの国際為替を取り替えできるやり取りです。

金の価値を見極めて、売る方と買う方がどちらでもやれる単純なルールなのです。

通常為替の市場というものはたいてい外為を言っているという人が一般的です。

為替相場とは何かというと※直接お金の送付をしなくてもお金のやり取りの目標を果たすこと※を指します。

外国為替証拠金取引のやり方は、二つの金を売買することにより二国の通貨の差引額を獲得できるというような方法なのです。

こうした二つの通貨の中で出てくる差額をスワップ金利といっています。

このようにFX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利(スワップポイント)で儲けることが目当てで、FX(外国為替証拠金取引)の為替の取引をする方もいます。

スワップポイントはそのFX業者ごとで異なるのでできるだけ儲けが多いFX業者でやり取りしたいものです。

各銀行の少ない利子を運用することよりも、外国為替証拠金取引(FX)とは自ら考える資産の管理を現実にした経済情勢を認識させる金融商品と言っても良いでしょう。

外為を簡潔にいうと金銭の取引のことを指します。

冷静な状況がわからなくなる可能性があります。

それゆえに己の頭が合理的な時に、ちゃんとした準備する事が大切なのだ。

“その””準備””のためには”まずは自分の台本を作成する事から行います。

未来の投資状況はこうなってああなるから、NZドルを売る(あるいは買う)というようにシナリオを立てていくのだ。

次に重要なのはローソク足チャートをチェックしましょう。

今までのレートの上がり下がり確認して、すでにしかけるのが遅いと考えたら、手を出さないで、その場面ではきっぱりと諦めることが不可欠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です