投資家 ドキュメンタリー

本日は為替取引の根本的要素とは何かについての説明をしたいと思います。

外国為替証拠金取引(FX)とはある程度の額の証拠金を預けて、その金額から最大25倍もの外国の為替を売り買い可能な取引のことを指します。

金の値を見分けて売る方も買う方もどちらでも可能になっている取引しやすい内容になります。

普通為替というのはほとんど外国の為替について表すという場合が大半です。

為替取引とは何かというと※自分でキャッシュの送付をしなくても金銭のやり取りの趣旨を果たす取引※を指します。

FXとは、二種類の貨幣を売り買いすることによって差額を獲得できるとの手法となります。

こうした二つの通貨の間で作り出される差益の金額をスワップ金利といいます。

外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイント(スワップ金利)で儲けることをねらって、FX(外国為替証拠金取引)のトレードをする方々も多いです。

スワップポイントは、取引するFX業者により違うところがあるためちょっとでもスワップポイントが高い取引業者でトレードしたいですよね。

あまり変動しない銀行預金の少なめの利子を増やすことを考えるよりも、FXというのはポジティブな資産の運用を実現できる経済の変動を認識できる商品だろうと言っても良いでしょう。

外国の為替を簡潔にいうと国と国のマネーの取り替えのことを指します。

状況によっては冷静な状況判断ができなくなるリスクがあります。

その分あなたの考え方が理性的な時に、適切に事前準備が大事です。

“その””準備””とは、”最初はストーリー展開を記す事から行います。

未来の投資環境は上がる(または下がる)から、ランドを売買するみたいに、あなたなりのストーリー展開を考えていきます。

次に大事なのは日足チャートを見ましょう。

為替レートの推移を見て、もう売り(または買い)するが間に合わないなと思ったならば何もせず、その場面ではきっぱりと割り切ることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です