投資家 ドキュメンタリー

本日は為替市場に関しての本質的要因に携わるエピソードです。

外国為替証拠金取引(FX)とはいくらかのお金を預託して最大25倍もの外国の為替を売り買い可能なやり取りを指します。

金銭の値をジャッジして、売りと買いが両方とも可能なわかりやすい作りなのです。

普通為替の市場というのはたいてい外国の為替について言うという場合がほとんどです。

為替相場とは※人の手で現金の送金をなすことなく資金のやり取りの意図を達成する取引※なのです。

外国為替証拠金取引とは、二つの通貨を売買してその二つの差引額をもらえるという方策になります。

このような両国の通貨の中で生まれる儲けをスワップ金利といいます。

こんなFXのスワップ金利(スワップポイント)をもらうことが目的で為替の取引をしているみなさんもいるらしいです。

スワップ金利は取引業者ごとに異なるので少しでも儲けが多いFX業者を使いたいですね。

決められた銀行預金の少ししかない利子を運用することよりも、FX(外国為替証拠金取引)というのは熱心な資産増加を可能にした景気を認識せざるを得ない金融商品だろうと言えるでしょう。

国際為替といえばお互いの国の金のやり取りのことです。

時には冷静な見方ができなくなる可能性があります。

だからあなたの考えが理性的なうちに準備を進めておくことが必要です。

“””事前準備””とは、”最初は自分の筋書きを書くことからスタートします。

将来の為替相場は上がる(または下がる)から、豪ドルを買う(あるいは売る)というように自分のシナリオを立てていくのだ。

次に大事なのは日足チャートをチェックしましょう。

それ以前の為替相場の上下動を見極めて、今さらしかけるのが手遅れだなと思っていたら、その場面では吹っ切ることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です