投資家レコーズ

本日は為替相場というものの基礎的要素についての説明です。

外国為替証拠金取引(FX)とは決まった金額の証拠金を預託して、その金額の25倍もの国際の為替を交換することができるやり取りを指します。

金の値を見定めて、売買が両方やれる取引しやすい方法になります。

よく為替市場というのはあらかた外為について言及するという人が多いです。

為替取引とは何かというと※目の前で持ち金の送金しない場合でも資金の受け渡しの目標を成し遂げるやり取り※を言います。

FXは金をやり取りすることによって差し引いた利益を獲得できるといったようなやり方となります。

二つの異なる国のお金の間で発生する差益金額をスワップ金利と呼びます。

こうしたスワップポイント(スワップ金利)の取得をねらって外国為替証拠金取引(FX)のトレードをしている人々もいます。

スワップ金利はそのFX業者により違う点があるのでほんのわずかでも高いFX業者を使いたい所です。

固定化された銀行預金の低い利子を貯めるよりも、外国為替証拠金取引というのは自ら考える資産の管理を現実にした経済情勢を認識せざるを得ない金融商品であると言えるでしょう。

国際の為替とは二国間のお金の引き換えを行う事です。

重要な時にしっかりとした見方が出来なくなる。

不安があります。

その分自身の頭が冷静な時に、ちゃんとした準備をしておくことが重要です。

“””準備””のためには、”ストーリー展開を書くことから始めます。

今からの市場はああだから、米ドルを売る(あるいは買う)といった自らのストーリー展開を考えていきます。

次に重要なのは時間足チャートを調べましょう。

それ以前の市場の上がり下がり見定めて売買するのが間に合わないなと感じたならば、何もしないで、そこのところはすっぱりと割り切ることが不可欠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です