投資家が お金 よりも大切にしていること

今日は為替相場の基本的要因とは何かについてのお話をします。

FXというのは自分で決めた額の資産を託してその最大25倍までの国際の為替を売買可能なことを指します。

貨幣の価値をジャッジして売買が両方ともできる単純な仕組みになります。

通常為替は主に外国の為替について言う場合が多いのです。

為替は※自分で金の送金をなすことなくお金のやり取りの目標を達成する取引※になります。

外国為替証拠金取引では、二つの国の通貨を取引することによってその差益をもらうというようなやり方です。

これら二つのお金の間で生み出される差額をスワップ金利と呼びます。

こうした外国為替証拠金取引のスワップポイントをもらうことをねらいに、FXの取引をやっているみなさんもいるらしいです。

スワップポイントは業者ごとにも違うところがあるのでほんのわずかでも差益の金額が高い取引業者を使いたいですね。

あまり変動しない銀行預金の少ない利息を運用することよりも、外国為替証拠金取引は積極的な資産の管理を実現できる経済状況を認識させる商品と言えます。

外国の為替を簡潔に説明すると国同士の金の換金のことです。

ちゃんとした考え方が出来なくなる。

不安があります。

だからこそ自らのメンタルが落ち着いている段階でちゃんとした事前準備が大切です。

“””準備””のためには、”始めに自分なりのストーリー展開を記す事から手をつけます。

未来の相場はこうなるだろうから豪ドルを売る(あるいは買う)みたいに、あなたなりの筋書きを書いていきます。

次に大切なのはチャートをチェックしましょう。

過去のマーケットの上下を見極めて、もはや取引するのが遅いと思っていたら何もせず、この状況では割り切ることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です