投資家が お金 よりも大切にしていること

本日は為替取引における基本的要素のお話をしたいと思います。

外国為替証拠金取引(FX)とは決まった額の金額を入金して、そこから最大25倍まで為替を売り買いできるもののことを言います。

金銭の為替を見定めて、売る方も買う方もどっちでも可能になっている単純な仕組みです。

普段為替取引というものは大体国際の為替について示すという事が大半です。

為替相場は※直接的にお金の送金をしなくてもお金の受け渡しの趣旨を為すこと※です。

外国為替証拠金取引(FX)のやり方は二種類の通貨をやり取りをして両方の差額を受け取るというやり方になります。

こうした二つの異なる国のお金の関係で発生する儲けをスワップ金利と呼んでいます。

こんな風に外国為替証拠金取引(FX)のスワップポイントを獲得することをねらって、外国為替証拠金取引(FX)の為替の取引をやっている方もいるようです。

スワップ金利は取引業者ごとで異なるので可能な限りスワップ金利が高い取引業者でやり取りしたいものです。

固定の各銀行の少ない利子よりも、FXというのは自ら考える資産運用を現実のものとした経済動向を意識できる金融商品だろうと言えます。

国際の為替とは両国の金銭の換金を示します。

時にはしっかりとした判断を下せなくなる可能性があります。

それだけに自身のメンタルが客観的な場面でしっかりと事前準備が重要です。

“その””準備””とは、”何はともあれ台本を記す事から開始します。

今からの相場は下がる(または上がる)から豪ドルを売る(あるいは買う)というふうに、自らの台本を書いていきます。

次にチャートをチェックしよう。

今までの為替レートの上下を見定めて今はもう売り(または買い)するが遅いと思ったならば何もせず、そこは割り切ることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です