投資信託 kindle

ここでは為替市場というものの基礎的内容に関するお話です。

外国為替証拠金取引とは自分で決めた額のお金を預託して、そこから25倍もの外国の為替を取り替えすることができることのことを言います。

通貨の値を判断して、売買が両方ともできるような単純な作りになっています。

通常為替市場というのは外国の為替について言っているという人が多いです。

為替市場とは※直接的に金銭の送金をしなくても資金の受け渡しの目的をクリアするもの※になります。

FX(外国為替証拠金取引)では二つの国の金を売り買いしそれら通貨の差し引いた利益を獲得するといった手順なのです。

このような二つの異なる国の貨幣の中で作り出される儲けをスワップ金利と呼びます。

こんな外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利(スワップポイント)で儲けることをねらいに、為替取引を行っている方もいます。

スワップ金利はFX業者ごとで違うところがあるのでちょっとでも利益が多いFX業者を使いたい所ですよね。

あまり変わらない銀行預金の少ない利子に期待するよりも、FX(外国為替証拠金取引)というのは外交的な資産の管理を現実にする経済動向を意識する商品であるとも言えます。

外為を簡潔に説明すると国と国の通貨の取り替えを示します。

肝心な時に冷静な判断を下せなくなるリスクがあります。

その分考え方が理性的な間に間違いない事前準備をしておくことが大事です。

“””事前準備””するためには、”始めに自分なりのストーリー展開を書くことから手をつけます。

投資状況は下がる(または上がる)から、この外貨を取引するといった、あなたなりの台本を書いていきます。

次に大事なのは為替チャートをチェックしましょう。

これまでの相場の推移を見定めて今となってはしかけるのが遅いと考えたら、手を出さないで、そこのところは吹っ切ることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です