投資信託 kindle

今回は為替相場における基本原因に関するお話です。

FX(外国為替証拠金取引)というのはいくらかの金額を入金してその金額から最大25倍までの外国の為替を売買できる取引を指します。

貨幣の値打ちを判別して売る方と買う方がどちらでもできるいたって明快なやり方となっています。

概ね為替取引というとほとんど外国の為替を言うという事が一般的です。

為替相場というものは※直接現金の送金をなすことなく金銭授受の意図を達成するもの※なのです。

外国為替証拠金取引というものは、二つの異なる国のお金をトレードすることによりその差額の利益を得られるという仕組みです。

この二つのお金の間で生み出される儲けをスワップ金利といっています。

こうしたFXのスワップポイント(スワップ金利)の獲得が目当てで、為替取引を行っている人々もいるのです。

スワップポイントは、業者ごとに違う点があるので可能な限りスワップ金利が高いFX業者でやり取りしたいですよね。

あまり変わらない銀行預金の少しの利子に頼るよりも、FX(外国為替証拠金取引)というのは外交的な資産の増加を実現させる経済の動きを認識させるものであるとも言えます。

国際の為替というものは二国間のマネーのやり取りを行う事です。

重要な時に正しい見方がわからなくなる不安があります。

だからこそ自分自身の精神が合理的な間に、正しく事前準備をしておくことが大切なのだ。

“この””準備””とは、”最初は自分だけの物語を描くことからスタートする。

今からのあの通貨はああだから、NZドルを買う(あるいは売る)というように自分なりのシナリオを立てていくのだ。

次に大切なのはローソク足チャートを調べましょう。

相場の動きを見定めて、今はもう売り(または買い)するが遅すぎるなと感じたならばここはきっぱりと吹っ切ることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です