投資信託

為替相場についてのベーシックな原因のエピソードです。

外国為替証拠金取引とは自分で決めた額の金額を渡してその額から25倍もの外国の為替を取り替えできるもののことを指します。

貨幣の為替相場をジャッジして売る方も買う方も両方可能になっている仕組みになっています。

一般的に為替相場というものは国際の為替について指すという場合が普通です。

為替とは※直接現金の送金をすることなく金銭の受け渡しの行為を果たす取引※です。

FX(外国為替証拠金取引)というものは、両国の通貨を売り買いして両方の通貨の差益を獲得するとの方式です。

こういった両国の金の間で出てくる差益金額をスワップ金利といいます。

こういうFXのスワップ金利を得ることが目当てで、FXの為替の取引を行っている人たちもいます。

スワップポイントは業者により違うところがあるのでほんのわずかでも利益が多い取引業者を利用したいものですね。

あまり変わらないそれぞれの銀行の低い利息よりも、外国為替証拠金取引というのはアグレッシブな資産管理を現実のものとした経済情勢を認識させるものであると言っても良いでしょう。

外国為替といえば国と国のお金の交換をする事です。

時として正しい判断が分からなくなる可能性があります。

そのために自分自身のメンタルが合理的なうちに、きちっと準備をしておくことが重要です。

“この””準備””とは、”最初は脚本を作成する事から開始します。

未来の市場は上がる(または下がる)から、円をエントリーするみたいな脚本を書いていきます。

その次は時間足チャートを見ましょう。

過去のマーケットの動きをチェックしてもう売買するのが手遅れだなと思っていたら何もしないで、その場面では潔く割り切ることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です