投資信託

今日は為替の市場に関する基礎的内容に携わるお話をします。

外国為替証拠金取引(FX)とは決まった額の資産を入金して、最大25倍までの為替を取り替えする取引のことを言います。

為替を見分けて売買がどっちでも可能になっている制度なのです。

普段為替取引というのはほとんど外国為替を言い表す場合が一般的です。

為替相場とは何かというと※直に金銭の送金をしなくても金銭の受け渡しの趣旨をクリアするもの※を示します。

外国為替証拠金取引(FX)というのは、両国の貨幣を交換することにより両者の差益を獲得できるといったような手順です。

このような二つの国のお金の中で作り出される利益をスワップ金利といっています。

こんな風なFX(外国為替証拠金取引)のスワップポイントの取得が目的で、FXの取引をする方もたくさんいます。

スワップポイントは取引業者により違う点があるのでほんのわずかでも利益が多い取引業者を利用したい所ですよね。

決められた銀行の少ししかない利子を増やすことよりも、FXというのは熱心な資産運用を可能にする経済情勢を意識せざるを得ない商品だと言えます。

外為は国同士の通貨の引き換えのことを指します。

状況によっては正しい状況判断ができなくなる危険があります。

それだけに自らの頭が客観的な状況で適切に準備をしておくことが必要です。

“””事前準備””とは、”何はともあれあなたのシナリオを作成する事から手をつけます。

この先のマーケットは下がる(または上がる)からユーロを買う(あるいは売る)というように自分なりのシナリオを立てていくのだ。

次にローソク足チャートをチェックする事です。

以前の為替相場の上下を調べて、今さら買い(または売り)するのが遅すぎるなと感じたら、エントリーしないで、それはすっぱりと割り切ることが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です