投資信託

ここでは為替市場に関する基本要素のお話をします。

FX(外国為替証拠金取引)とはある程度の証拠金を預託して、その金額の25倍もの国際為替を交換することができるものを指します。

貨幣の値をジャッジして売る方も買う方も両方ともできるようになっているいたって単純な作りなのです。

日常的に為替の市場といえば大体外為について言及する場合がほとんどです。

為替の市場というものは※人の手でキャッシュの送らない場合でもお金の受け渡しの意図を果たすもの※を指します。

外国為替証拠金取引(FX)というものは、通貨を売り買いし両方の差し引きした利益をもらえるといった方法となります。

このように二国の貨幣の関係で出る差をスワップ金利と呼びます。

こういったFXのスワップポイントを獲得することをねらってFXの為替取引をしている方もいるようです。

スワップポイントは取引するFX業者それぞれに異なるのでほんの少しでもスワップポイントが高いFX業者で取引したいものですよね。

銀行の低い利子に期待するよりも、FX(外国為替証拠金取引)はアグレッシブな資産の運用を可能にする景気を意識できるものであるとも言えるでしょう。

外国為替というものは両国の金銭の換金のことを言います。

重要な時に適切な判断を下せなくなるリスクがあります。

それだけに自分自身の考えが落ち着いている状況で、正しく事前準備が不可欠です。

“この””準備””とは、”はじめはあなたのシナリオを記す事からスタートする。

未来の市場はこうなってああなるから、豪ドルを売る(あるいは買う)というような、物語を描いていきます。

次は時間足チャートをチェックしよう。

為替レートの上下をチェックして今さら売り(または買い)するが間に合わないなと考えたら、売買しないで、そこのところは吹っ切ることが肝心。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です