投資信託 税金

本日は為替市場に関するベーシックな内容に携わるお話をします。

FXというのは一定額の金額を託してその25倍もの外国の為替をトレード可能なやり取りのことを言います。

金銭の為替相場を見分けて売る方も買う方もどっちもできるようになっている取引しやすいルールになっています。

為替取引というものはたいてい外国の為替を示すという事がほとんどです。

為替とは何かというと※人の手で金の送付をしない場合でも資金のやり取りの目標を実現すること※です。

FXでは二つの国のお金を取引して差額を受け取れるといったような方式になります。

このような両国のお金の関係で生まれる利益をスワップ金利といいます。

こういうFX(外国為替証拠金取引)のスワップポイント(スワップ金利)をもらうことを目当てに、為替の取引をやっている方もいるらしいです。

スワップポイントは取引するFX業者によって違う点があるのでできるだけ利益が多い業者を使いたいと思いますよね。

決まっている各銀行の少しの利息を増やすことを考えるよりも、外国為替証拠金取引とは外交的な資産の管理を現実にした景気を意識せざるを得ない金融商品であるとも言っても良いでしょう。

国際為替を簡潔にいうと両国の金銭の引き換えを示します。

重要な時に真っ当な判断が分からなくなる危険があります。

その分自らの精神が落ち着いている段階で、正しく準備する事が大切です。

“””事前準備””するためには、”自分なりの脚本を描くことから行います。

明日からの投資環境はああだからNZドルを売る(あるいは買う)みたいな、自分なりの脚本を書いていきます。

次はチャートを確認しましょう。

今までの為替レートの上下動をチェックして、今となっては買い(または売り)するのが遅いと思ったら、手を出さないで、それはすっぱりとあきらめることか肝心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です