投資信託 税金

本日は為替の市場というもののベーシックな内容についての話題です。

FX(外国為替証拠金取引)とは決まった金額の資金を預け入れてその金額の最大25倍もの国際為替を交換することを指します。

お金の為替を見分けて、売る側と買う側が両方やれる単純な制度となっています。

日常的に為替の市場といえば国際の為替について言っているケースがほとんどです。

為替取引とは※直接キャッシュの送付をしない場合でも金銭のやり取りの行為を果たす取引※なのです。

外国為替証拠金取引のやり方は金を売買し二国の通貨の差し引きした利益を得るとの方策となります。

この二国のお金の間で出てくる差益の金額をスワップ金利と呼んでいます。

こういうスワップ金利(スワップポイント)をもらうことをねらって、FX(外国為替証拠金取引)の為替取引をやっている人々もいます。

スワップポイントは取引するFX業者によって異なってくるのでちょっとでもスワップポイントが高い取引業者を利用したいものですよね。

あまり変動しない各銀行の少ない利息を貯めるよりも、外国為替証拠金取引とはポジティブな資産の運用を可能にする経済状況を意識せざるを得ない商品であるとも言えるでしょう。

外国の為替は金銭の取り替えのことを指します。

冷静な見方ができなくなる可能性があります。

だからこそ己のメンタルが客観的な場面できちっと準備をしておくことが不可欠です。

“””事前準備””とは、”とにかくあなたのシナリオを作る事から行います。

明日からのあの通貨はこうだから、豪ドルを取引するというようなあなただけのシナリオを立てていくのだ。

次は時間足チャートを調べましょう。

以前のレートの値動きを見定めてもう買い(または売り)するのが手遅れだなと考えたら、エントリーしないで、ここはすっぱりとあきらめることか必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です