投資信託 基準価格

本日は為替取引における基本的理由の話題です。

外国為替証拠金取引(FX)というのは一定額の資産を託してその金額の最大25倍まで外為をチェンジ可能な取引のことです。

通貨の値を見分けて売る側と買う側がどっちも可能な単純なルールになっています。

よく為替市場はおおかた外国の為替を指すという場合が多いです。

為替の市場を簡潔に説明すると※人の手で金の送らない場合でも資金の受け渡しの行為を為す取引※になります。

FXとは、通貨を売買することで両方の通貨の差益を儲けられるとの流れになります。

これら二つの国の金の関係で出てくる利益をスワップ金利といっています。

こういう外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利で儲けることが目的で、FXの為替の取引をする人たちもいます。

スワップポイントは業者それぞれに異なってくるためほんの少しでも差益金額が高い取引業者を使いたいと思いますよね。

あまり変動しないそれぞれの銀行の少ししかない利子を増やすことを考えるよりも、外国為替証拠金取引というのはアグレッシブな資産の運用を現実にした経済の動きを意識させる金融商品だと言えます。

国際為替はお金の取り替えを指します。

重要な時に正しい考え方が出来なくなる。

恐れが生じる。

だから自分の精神が冷静な時に、しっかりと準備を進めておくことが不可欠です。

“””準備””のためには、”何はともあれ自分だけの物語を作成する事から開始します。

今後のあの通貨はこうなってああなるから、ランドを売る(あるいは買う)みたいな、あなただけの物語を描いていきます。

次に相場を確認しましょう。

これまでの為替レートの動きを見てすでにエントリーするのが間に合わないなと感じたならば、エントリーしないで、そこのところはきっぱりとあきらめることか必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です